離婚を相談したい女性必見

弁護士は離婚相談のときも強い味方

離婚の際には、いろいろと揉めてしまうものです。当事者間での解決が難しい場合には、弁護士を立てて離婚を相談したり、裁判をしたりする方法があります。特に養育費など金銭面が絡む場合には、きちんと決めておいた方がよい場合もあります。

弁護士を立てるメリット

離婚する際に、いろいろと揉めた場合には、弁護士を立てて話し合いをすることもできます。弁護士費用はかかりますが、養育費や慰謝料などの請求を考えれば、決して無駄なお金というわけではありません。もし仮に、離婚するとして、慰謝料や養育費の支払いを相手からしてもらえなかった場合、その方が損失が大きいからです。離婚する女性のなかには、夫と話し合いをしたくない、あるいは夫と話し合いが成立しないために、養育費や慰謝料の請求を諦めてしまう人もいます。しかし、先々のことを考えると、弁護士を立てて代わりに夫と交渉してもらい、確実に慰謝料や養育費などの支払いの約束を取り付ける方が得策であると考える人もいます。自分の代わりに夫と粘り強く交渉してもらえるのが弁護士を依頼するメリットです。

応じてもらえない場合には訴訟もできる

弁護士を立てて、弁護士を通して夫に離婚を相談しても、または、慰謝料や養育費を支払ってほしいと手紙を送ってもらうことからまず始まります。しかし、もともと揉めているくらいですから、夫の方も弁護士を立てたりして徹底的に対抗してくる可能性もあります。そこまではいかなくても、弁護士から手紙を送ってもらったからといって、すんなりと応じてもらえることはまずないでしょう。文書のやり取りなどが続き、お互いに埒が明かない場合には、訴訟に発展することもあります。訴訟になると、夫と顔を合わせなければならないのではないかと心配する人も多いですが、裁判では裁判官が、片方ずつ当事者に話を聞くというやり方をしますので、会う必要はありません。

裁判に勝てば強制執行もできる

離婚の相談に応じてもらえなかった場合、裁判という法的措置に移行するとともに、損害賠償を請求することができます。訴状の作成などはすべて弁護士がしてくれます。離婚に至るまでの経緯や、受けた損害について、そしてその損害に対する賠償についてを明記したものを作ってもらい、相手または相手方の弁護士に送付してもらうことから裁判はスタートします。離婚が成立し、損害賠償請求が通り、相手が支払ってくれない場合には、給与や預貯金の差し押さえなど、強制執行手続きをすることになります。また、養育費についても、裁判で正式に決定すれば、相手が支払わない場合には強制執行手続きをすることができます。ただ、裁判には時間がかかります。すぐに結論が出るというものではありません。

2005年(平成17年)1月15日に当事務所は開設致しました。離婚問題で悩まれているあなたへ。離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない私たちが精一杯サポートいたします。 ご依頼者様のご要望に合った様々なプランをご用意しております。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 メールからのご予約も承ります。(24時間受付可能) 離婚のご相談から解決まで【法律事務所オーセンス】がサポート