離婚相談・しっかり確認とすべき事

結婚当初は幸せいっぱいだった。一緒に過ごしていると家族だけど所詮他人。価値観の違いや相手の嫌な所見えてきますよね。それがもしどうしても我慢できなくて離れたい、パートナーと離婚してやると思っている人は是非知ってほしい事それをご紹介します。

パートナーのどこが嫌なのか明確に

一緒に生活しているとやはりパートナーの言動や行動一つ一つが気になってきますよね。指摘してもそれをパートナーが正してくれるとは限りません。嫌な所が積もると離婚を考えることが増えて行動に移したいけど…。となれば…まずは、パートナーのどこがどう嫌なのか整理しないといけなくなります。
もちろん離婚したいと思う理由が暴力や過度のギャンブルならすぐに行動した方がいい時はありますが…。そうでないなら話し合いのときに自分の意見をブレずに言う事は大切になってきます。理由も明確にしているとパートナーもどこがどう悪っかたのかわかりやすいです。普段自分の意見を言わない人でもそういう時は、はっきり・きっぱり言わないといけません。

離婚相談はお金の事や子どもの事

離婚の相談ではお互いの嫌な所を話し合っていざしようと行動に移す前に大切な事があります。大きな障害がとなるのがお金の事です。子どもの居る方はもちろん子どもの事も考えなくてななりません。
まず、お金の事とは財産分与や慰謝料をどうするのかここで揉める事が多いです。個人で話し合いをして取り決めを立てていても守ってくれるとは限りません。そこで話し合ったこと取り決めなどは公正証書にするといいでしょう。
きっちり守らないと大変なことになりますが離婚後に取り決めで揉める事が減ります。子どもがいる家庭はさらに子どもの親権や養育費や面会と取り決めが増えていきます。幸せの為にもキッチリしてあげてください。子どものお爺ちゃんとお婆ちゃんも面会を希望していることもあります。夫婦間の事とはいえ絡んでくるものは沢山です。

離婚は一生

結婚が一生のビックイベントだったのと同じで離婚も一生のけじめになります。絡んでくるもの巻き込むものが大きいです。もちろん戸籍にも心にも残ります。この先よい相手にめぐり合ったとして離婚暦は1つの障害になることがあります。沢山の覚悟が必要な事を忘れないでください。
時間もお金も精神力も必要です。傷つくことも沢山あると思います。失うものの方が大きいかもしれないです。不安も沢山出てくると思います。離婚後の喪失感で何もやる気かなくなることもあるかもしれないです。悩み苦しんで開放される人もいるかもしれません。
一生の傷にならないように、子どもの心のケアも、自分のケアもしっかりしつつ納得のいくように事前に離婚を相談するべきです。